あいさつ

大分県盲人協会会長
大分県点字図書館館長 衛藤 良憲

 読者の皆様、その後お元気でお過ごしでしょうか。
前回は新型コロナウイルスのお話で終わりましたが、今月になってその問題もそろそろ終息しつつあります。世界的にはまだWHOが終息宣言を出していませんし、国内でも毎日少しずつ患者が発生していることは残念ですが、一時期に比べると勢いはおさまったような気がします。私の友人に野球好きの者がいて、「コロナのせいで高校野球は中止になるし、プロ野球も相撲もないので、何も楽しみがない」とぼやいていました。そんな中、最近ようやく、プロ野球が3か月遅れで開幕しましたので、彼もホッと胸をなでおろしたことでしょう。大分県点字図書館においても、今年度の点訳音訳の講習会は、例年より2か月遅れで6月から開始しました。また、来館もしばらく自粛をお願いしていましたが、6月からボランティアのグループによる勉強会も少しずつ始まり、なんとなく以前の活気が戻ってきたような気がします。以前の点字図書館のように、利用者やボランティアであふれるようになるのは、いつのことでしょうか。やはりそれは終息宣言が出されてからのことになるのでしょうか。できることなら早い時期にいつもの日常に戻ることを願うばかりです。そして、このしおりが皆さんのお手元に届く頃には、もっとコロナ問題の解決が進んでいることを願っております。 
2020年6月25日 記


戻る