「愛のともしび運動」のお願い
  
各位 

大分市中島東1丁目2番28号
社会福祉法人 大分県盲人協会
会長 衛藤良憲


謹啓
 向寒の候、貴台におかれましては、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。また、平素より視覚障害者の福祉の向上につきましては、何かとご理解ご協力を頂き、誠に有難く感謝申し上げます。
 さて、当協会が行っております「愛のともしび運動」でございますが、平成2年に始まり、今回で28回目を迎えることとなります。この運動は、これまで、多くの皆様の善意に支えられ実施されてきたところで、その収益は、視覚障害者の社会参加の促進や地域での生活向上などの活動に役立たせていただいております。
私ども協会は、県内に在住する視覚障害者が地域社会の一員として自立し生活できるよう支援してゆくことを目的に、昭和22年11月に設立し、昭和35年3月には社会福祉法人の認可を得、その活動を続けてまいっております。
視覚障害者をはじめ障害者をめぐる環境は、以前に比べ法整備や福祉制度が充実するなか、障害者への市民の理解も進んできていると思われます。しかし、その一方で根強く残る障害者差別や職業選択での障壁などによる経済的な困難を抱えているのもまた事実であります。
 このような中、当協会では就労支援事業として就労継続支援作業所「なかしま」を、また自立した生活を援助するための施設としてケアホーム「しののめ」を運営するほか、平成24年度からは協会直営により視覚障害者の情報提供施設「大分県点字図書館」事業を行っております。その他、大分県の委託事業であります「視覚障害者生活訓練事業」や「中途失明者社会適応訓練事業」なども行っております。
これまで、協会事業全般にわたり、順調に推移してきているところでございますが、これも一重に「愛のともしび運動」にご協力いただいております皆様のおかげだと思い、役員一同深く感謝しております。
 今後とも引き続く厳しい経済情勢下でありますが、視覚障害者の地域生活の向上と社会参加の促進などの支援の更なる充実をめざし、一層の取り組みを進めてまいりたいと考えておりますので、皆様方のご家庭に眠っている「書き損じハガキ」などのご寄付をお待ちしております。
何卒、趣旨をご理解の上ご協力賜りますようお願い申し上げます。

謹白



第28回 「愛のともしび運動」実施要綱

1.目  的  「愛のともしび運動」は、視覚障害者が地域社会の中で自立し、いきいきと生活できるよう活動するための資金を確保すると共に、多くの方にこの運動を通して、視覚障害者をはじめすべての障害者への理解を深めて頂くことを目的とする。

2.実施期間  平成29年1月1日より平成29年12月31日まで

3.実施主体  社会福祉法人 大分県盲人協会

4.後  援
大分県小中学校長会協議会、社会福祉法人大分県社会福祉協議会、
大分合同新聞社、NHK大分放送局、OBS大分放送、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送

5.換金可能なもの 
        1 書き損じハガキ
        2 使用済み切手
(前回まで頂いておりました使用済みテレホンカード・図書カード・バスカード等は、回収業者が無くなり、回収できなくなりました。)
      
6.送付方法 1 少量の場合は、普通郵便でお送りください。
        2 多量の場合は、受取人払い(ゆうパック)でお送りください。
        3 その他ご不明な点がございましたら、事務局までご連絡ください。

7.事務局
住 所  〒870−0043  
             大分市中島東1丁目2番28号
             社会福祉法人大分県盲人協会
        電 話  097−532−8450
        FAX  097−532−8230


戻る