視覚障害生活訓練等指導事業のご案内

2017年4月より大分県の委託事業として見えない・見えにくい方への訪問事業を始めています。
便利な道具や工夫、福祉制度の紹介等を行うものです。
例えば、見えにくいことで通勤が不安、階段の段差が分かりにくいから知らないところには行けないなど、移動時に対する不安には、白杖が有効な補助具となります。
どう白杖を使ったら安心した外出ができるようになるのか、どのルートが安心できるのか一緒に現地で検討や提案をします。
また、好きな本が読みにくいなど読み書きで困る場合には、拡大する補助具や音声図書など紹介します。
訪問に関する費用は無料ですが、必要な道具等はご負担いただきます。
事前に必ずご連絡ください。

対象 大分県内の見えない・見えにくい方(相談に関しては、ご家族や支援者)
電話 097−535−7558
時間 月・土・祝日・年末年始・お盆を除く9時〜17時


実際の関わった方からの感想
Aさん70代
白杖を我流で使っているけど、それでよいのか分からない。
誰かに相談したかった。

Bさん80代
時間が分からなくて困っていた。音声時計があることを知らなかった。
音で教えてくれると、人に聞かなくても自分で分かり助かる。

Cさん50代
音声でパソコンを操作できることを知っていたけど、制度が活用できることを知らなかった。
パソコンを使って情報が取れるようになりたい。

Dさんの家族
母親が見えなくなって、どのように支援したらよいか分からない。誰かに、自分の支援方法で良いのか聞くことができて安心できた

E事業所 職員
利用者の方に見えない方が居られるので、白杖の相談にのって欲しい。

※この事業の開始に際して、大分県眼科医会さまからのご寄附により、紹介のための道具を揃えることができています。

チラシ(Wordファイル)
購入機器一覧説明(Excelファイル)


戻る