会長就任ご挨拶

社会福祉法人 大分県盲人協会 
会長  衛藤 良憲

 爽やかな新緑の季節となりましたが、会員の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
 さて、私ことこの度平成21年4月1日付をもって、歴史と伝統ある大分県盲人協会の会長を拝命いたすことになりました。
 吉野前会長におかれましては、約3年間にわたるもっともたいへんな時期に、遠隔地にも関わりませず、献身的に協会運営にご尽力いただきましたことに対し、心から敬意と感謝を申し上げる次第でございます。
 大分県盲人協会も私で6代目の会長となるわけでありますが、これまでの5名の先輩諸氏は皆様方すべてが温厚で、人格・識見ともすばらしいものを持ち合わせ、卓越した指導力のある方々でございました。それに引き替え私は、もとより浅学非才の身であり、この会長職が無事務まるのかどうかたいへん不安でございます。しかしお引き受けした以上は、県下の視覚障害者の福祉増進のために邁進する所存でございますので、会員の皆様の絶大なるご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 私は、この度の就任にあたって次の4つの目標を掲げさせていただきました。
 第1に、協会運営の民主化でございます。これはすでに吉野前会長の時代から進められてきたことでございますが、さらに一歩進めて、事務の簡素化・合理化を実現し、役員・会員にとっても風通しのいい協会運営を実施して行きたいと考えております。
 第2に、会員の倍増計画でございます。現在大分県には約5,300人の視覚障害者が在住していると言われております。しかし残念ながら、そのうち当協会の会員は一割にも満たないのが現状でございます。このままではいずれ組織の弱体化にも繋がりかねません。そこで本年は、第一歩として地域の協会に対して会員の一割増をお願いして参ります。また、県内において福祉サービスの地域間格差が生じないよう、県当局及び各市町村に要望を行うなど、地域福祉の向上に努力して参りたいと考えております。
 第3に、財政基盤の整備でございます。現在協会は、約8千万円の経費で15名の職員を雇用し運営に当たっておりますが、職員の給料は、一般の社会福祉法人に比べて決して満足行くものではございません。加えて、協会本体の運営費もぎりぎりの状況で運営しており、思い切ったイベント開催などができないのが現状でございます。
 そこで、いろいろな施設経営を始めると同時に様々な事業を立ち上げ、安定した資金が供給できるよう努力して参りたいと思います。とりわけ本年は、「作業所なかしま」を就労継続支援B型に移行することを検討して参りたいと思います。
 第4に、大分県盲人福祉センターと大分県点字図書館の合築による建て替えの実施でございます。この件は、実現するためにはいろいろとクリアしなければならない問題が山積しておりますが、両施設とも老朽化しており、手狭であり、加えてバリアフリーの点からも多くの問題を抱えております。そこで、大分県・大分市のご理解とご協力をいただきながら、会員の皆様に対しては、一口2千円の任意によるカンパをお願いし、できるだけ早い時期に着工したいと考えております。そのために本年は、協会内に建設委員会を立ち上げ、まず調査に着手したいと考えております。
 以上4つの目標は、いずれにいたしましても、会員・役員の皆様の協力なくして実現できるものではございません。なにとぞこの趣旨をご理解いただき、絶大なるご支援・ご協力、ご指導・ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げ、会長就任にあたってのご挨拶とさせていただきます。


戻る